お知らせ・おすすめ情報

  • 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、3月から5月にかけての公演・講習会がすべて中止となり、今後の見通しも付かず荒馬座は「休業」状態となっています。荒馬座の活動資金として「緊急支援募金」のお願いをしています。どうぞご支援下さい。
  • 船橋地域公演(5月9日)、また5~6月の太鼓民舞教室(「荒馬踊り(踊り太鼓)」「ぶち合わせ太鼓」)は「中止」となりました。たいへん申し訳ありませんが、ご理解・ご協力をお願いします。その他、公演・イベント・太鼓民舞教室の企画の予定が変更となることがあります。ご了承下さい!
  • 7~8月の「夏の太鼓民舞教室」については、今般の状況を鑑みて時期・内容など再検討しています。また後日お知らせします。
  • 荒馬座では公演・イベント・ワークショップの企画をおこなっています。職場や地域で鑑賞会イベントなど検討している方、お気軽にお問い合わせ下さい。

荒馬座について

荒馬座は、1966年に東京板橋に創立され、東京・千葉・埼玉・神奈川を中心に公演活動をおこなっている民族歌舞団です。
日本の太鼓や踊り・うたといった人々の生活の中から生まれた民族芸能には、働く人々の生活の喜怒哀楽、豊かな自然や命をいとおしむ心、生きる知恵や共同の喜び、そして困難を乗り越える強さや明るさが豊かに込められています。
荒馬座はこうした民族芸能を再創造して、現代の働く人々の「明日を生きる力」となるよう、多くの働く皆さんの支持と共感を得て今日まで活動を続けています。