お知らせ・おすすめ情報

  • 2021年初頭の地域公演、所沢(2月7日)、新座(2月21日)、深谷(2月23日)の各地で予定しています。公演に際しては、関係各所の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って、十分な対策を講じて実施いたします
  • 荒馬座オリジナルTシャツ」好評販売中!演技者手作りの特製「笛袋」も在庫あり!コロナ禍に向け「悪疫退散」手拭いをぜひ!ご注文はこちらへ!年明けには2021モデルの新規グッズ販売します!お楽しみに!!
  • 2021年の太鼓民舞教室企画、2・3月「ぶち合わせ太鼓(経験者向け)」!新しい年に一気にスキルアップ!!2月の『TABICA』 「和太鼓、小太鼓、当たり鉦!初めてのお囃子体験」引き続き開催します! ぜひご参加下さい!!!
  • 荒馬座の太鼓民舞教室・ワークショップは、コロナウイルス感染症拡大防止を徹底し、換気の徹底を図り、少人数で密集密接を避けておこないます。
  • 荒馬座では公演・イベント・ワークショップの企画をおこなっています。職場や地域で鑑賞会イベントなど検討している方、お気軽にお問い合わせ下さい。

荒馬座について

荒馬座は、1966年に東京板橋に創立され、東京・千葉・埼玉・神奈川を中心に公演活動をおこなっている民族歌舞団です。
日本の太鼓や踊り・うたといった人々の生活の中から生まれた民族芸能には、働く人々の生活の喜怒哀楽、豊かな自然や命をいとおしむ心、生きる知恵や共同の喜び、そして困難を乗り越える強さや明るさが豊かに込められています。
荒馬座はこうした民族芸能を再創造して、現代の働く人々の「明日を生きる力」となるよう、多くの働く皆さんの支持と共感を得て今日まで活動を続けています。